モモとハウルの犬日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイちゃんの成長

学校での担当犬、チワワのメイちゃんです!
かわいいなぁ~♪
こんなにかわいいのに、セントバーナードなどの大型犬にも喧嘩を売るという、態度のでかい犬なのです!



あと1ヶ月くらいでお別れになります。
訓練期間は4ヶ月なので、それは仕方のないこと・・・。
その後、メイちゃんは繁殖犬としての大変なお仕事が待ち受けています・・・!
犬の種類や年齢によっては担当者が買い取りできるのですが、メイちゃんは、まだまだ若く、許可が下りませんでした。
別れがつらい・・・今日この頃です。

訓練も順調に入っています。
初めて出会った時には、スワレも知らなかったメイちゃん・・・。
今ではスワレ、フセ、マテ、コイ、ツケ、完璧ではないにしても、一通りできるようになりました。

私と同期の友人の犬達も同様に進んでいます。
面白いのは、訓練方法がほとんど同じなのに、犬によって得意な訓練と苦手な訓練が分かれることです。
メイちゃんは、吠え癖、噛み癖がある落ち着きのない犬なので、(泣)マテが本当に苦手でした。
でも、結構走りまわるのが大好きなので、コイをやると、ものすごい喜んで飛んできます!

暑いけど、頑張ろうね!メイちゃん!

mei1.jpg

スポンサーサイト

服従5項目のメリット

本日は「服従5項目」の教える目的、メリットについて簡単にまとめます。
座れ・伏せ・待て・来い・付け、これができるとこんなメリットがあります。

座れ
1.犬を落ち着かせることができる
犬の習性で、相手に敵意がないことを示す姿勢である為、座ることで、わんちゃんの興奮を沈めることができます。
2.人に注意を払える
座ると犬の目線が上がるので、自然とアイコンタクトが取りやすいのです。

伏せ
1.服従心を強めることができる
強い相手に対して負けを認める姿勢なので、人は強いということを教えることができます。
2.犬同士のけんかを防ぐことができる
犬の習性で、相手に落ち着いてほしいときにとる姿勢なので、攻撃的な犬が来ても、自分の犬を伏せさせれば、けんかにはならないのです。

待て
1.感情を抑制することができる
暴れたい衝動や、不安な気持ちを抑えることができるようになります。
2.自制心が身につく
おやつなどの誘惑や、周囲の音などに負けない犬になります。

来い
1.危険から守ることができる
来いができれば飛び出し事故などを防ぐことができます。
2.服従心をより強めることができる
自由な時間を捨ててまで従うことは、絶対服従なのです。

付け
1.人に注意を払えるようになる
地面の匂いなど、誘惑に負けないようになります。
2.飼い主をリーダーと認めるようになる
先頭を歩くものが犬社会の中ではリーダーなのです。


簡単に、こんな感じです。
うちの犬は、なんだか人に対してえらそうだ!という方は、
伏せや来いをしっかりやりましょう。
落ち着きがなくて困ってる・・・という方は、座れや待てをより多くやるといいそうです。

最後に、この中で一番服従度が高く、教えるのが難しいのはどれかわかりますか?
実は「来い」なんです。
もちろんおやつがあれば来る・・・とかは、来いができるとは言いません。犬は自分の自由な時間を失ってまであなたのモトに来る・・・。
なので、「来い」を教える時は、一番誉めるように心がけるといいそうです!




おやつの減らし方

我が家のモモも、いまだおやつがないとお座りやフセをしません・・・。
今日はおやつの減らし方についてです~。

もちろん教え始めはおやつを使っても構いません。
はじめからリードだけを使って教える場合もありますが、ほとんどの犬は楽しく訓練を覚える為におやつを使います。

でも、最終的にはおやつがなくても命令に従わせる犬にしたいですよね。

基本的にはおやつは手のひらからあげるようにします。
下に置いてあげると拾い食いの癖がつく可能性があるからです。
(モモは下に置いてますが・・・(>_<)

最初はおやつを見せてから手を握って隠し、命令に従わせてからあげます。
次に先ほどと同じように手を握っておやつがあると思わせてから命令に従わせ、できるだけ犬に、「ここにはなかったんだ・・・!」と思わせないようにポケットなどから即座に出してあげます。

これを、間を空けないように続けてやります。
おやつがないことが犬にばれないように気をつけましょう。
また、もたもたしてるとポケットにあると気づかせ、今度はポケットばかり見るようになってしまうのでそれも注意です。
おやつを出すのに時間がかかってしまうなら、その間褒めちぎったり撫でたりしても良いです。

ポケットから出せるようになったら、今度はあげる回数を徐々に減らしていきます。
すばやく命令に従った時、綺麗な形で命令に従った時、やる気まんまんでできた時、など自分の中でレベルを決めて、特に上手にできた時にあげる・・・などと変えていきます。

また、犬のやる気をそがないように、おやつ以外で犬が喜ぶことをご褒美にしても良いです。走ったり撫でたり、おもちゃで遊んだりして工夫しましょう。

話は変わりますが、おやつを見せて命令に従ったのに、あげない・・・ということはやめましょう。だましをすると、「どうせくれないんでしょ」っと命令に従わなくなります。
犬は、その時の状況や気分で命令を忘れてしまう場合があります。
もしも、わざとやらないという場合でなければ、手の補助を使っても命令の形をちゃんととらせてあげてから、ご褒美をあげましょう。

家で飼ってる犬だと、これが難しいんですよね~。

「あたしはおやつがなきゃ、やらないわよ~!」


ボール持って来い

今日は「ボール持って来い」について

ボールが大好きで一度取ると離さない・・・モモも含めそんなわんちゃんはたくさんいます。
基本的な教え方を書いていきます。

①リードを持ち、「持って来い」と言ってボールを投げます。
②短い距離でもいいので、犬がリードを張らないように人も一緒になって走ります。
③犬がボールを取ったらすかさず誉めます。
④「来い」と言ってボールを投げた場所までリードをたぐりながら戻ります。(このときもそうそう、などと楽しく誉めながら下がります)
(犬は動くものにむかって走る習性があるので誘導するように教えるのです)
⑤リードは首の根元まできちんとたぐり、必ず人の正面まで来させて褒めちぎります。

褒めちぎって撫でたりするとぽろっとボールを落とします。
そしたらボールを取りましょう。

この時、絶対に無理やりボールを取ろうとしてはいけません。
奪われると思わせてしまうとさらに持ってこなくなります。

おやつと交換も、間違いではないかもしれませんが、おやつがなければ持ってこないという問題が発生します。

あきるまで待つ、というのも、犬の要求に人が従っているとこととなり、犬が自分がリーダーだと勘違いしてしまう可能性があるためよくありません。

頑固にボールを離さない犬には「出せ」を教えます。
犬と対面してボールをできるだけしっかり持ちます。
この時、絶対に手を動かさないようにしましょう。
犬が動いてひっぱりっこになってしまうと、それが遊びだと思って離すことを覚えません。
片方の手で固定したり片足に手を乗せたりして工夫しましょう。
「出せ」と言って犬が少しでも緩めたら「そう」と誉めます。
緩めても人は手を動かさないようにして下さい。
また犬が頑固にくわえたら「出せ」と言って緩めたら「そう」と誉めます。
何度か繰り返し行い、完全に離したら褒めちぎってボールをさっと隠します。

これを基本として何度か繰り返して遊べば、癖で人のもとにボールを持って来るようになります(^^)
もちろん普段から犬と追いかけっこをして遊ばないように気をつけましょう。

命令は「キャッチ」でもなんでもかまいません。後はボールを持って来るときにいかに楽しそうに遊びを盛り上げるかが大事です。
ボールを飼い主の元に持って行くと、喜んでくれるし、なんか楽しいぞ!っと犬に思わせてくださいね。

モモちゃんは、最近ボールをちゃんと手の上に持ってくるようになりました。
私はリードを使いたくないので誉め言葉だけ気をつけて教えましたが、やっぱり先生はちゃんとリードを根元までたぐっていないとそのうち持ってこなくなる、と言ってます。

またまた長くなりましたが、頑張りましょう~。



最近のモモ

最近忙しいやら暑いやら、あまりモモちゃんにかまってあげられなかったな~。
そのせいか、お父さんにべったりでちょっと寂しい・・・。
おかえりの「チュウ」も前ほど激しくなくなったような・・・。

「つれないよ~、モモちゃん」



「ふんっ 遊んでくれない人には用はないわ~」
iruka2.jpg

はげ・・・!

「ちょっとハゲの写真を撮らせてね・・・カシャ!」


モモ「あっ!恥ずかしいじゃない・・・やめなさいよ~!」
hage.jpg



一時は心配をおかけした「ハゲ」も大分良くなりました~。
写真では分かりにくいかもしれませんが、ちょびちょびと「毛」が生えてきました!!

最初は獣医さんでもらう薬を塗っていましたが、あまり効果が見られなかったのと、広がってはいないのを考慮して、自然治癒に任せようと言われました!
獣医さんって、いろんな薬をためしたりして儲け主義なところがあるかと思ってましたが、ちゃんとモモちゃんのことを考えてくれてる・・・!っと思い信頼度がアップしましたよ~!

時間はかかりましたが、治ってきてるのがよく分かるようになりました!

早く全部毛が伸びるといいねっモモちゃん!

バトン!

nonさんからバトンが回ってきました~!
自己紹介みたいなものかな・・・?

1)回す人3人を最初に書いておく。 

う~ん、お暇だったら誰か受け取って下さい~。

2)お名前は?

yokoです。


3)おいくつですか? 

27歳です。


4)ご職業は? 
 
無職・・・しつけ訓練校の学生です~。


5)ご趣味は? 

読書、散歩、スノーボード、マラソン。


6)好きな異性のタイプは?

優しくて、賢くて、顔がキラキラしてる人~。


7)特技は?

・・・う~ん、う~ん、オセロとパズル・・・。


8)資格何か持ってますか?

免許、英検準2級(微妙~)


9)何か悩みはありますか?

就職できるかな~・・・。


10)お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

好きな食べ物・・・ぎょうざ!、麦チョコ。
嫌いな食べ物・・・馬刺し、鴨肉。


11)貴方が愛する人へ一言

暑いからって引きこもってないで、もっと遊びに行こうよ~!


12)回す人3人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単に

よければ、バトン受け取って下さいな~。

こんな感じ??
なんだか中途半端なバトンになっちゃいました~!







サッカー残念

サッカー、残念でしたね~。
スポーツ観戦に興味のない我が家でも、昨日はちゃんと見ました~。

「モモが出場してたら、きっと勝ってたのにね!」


モモ「当然よ~!」


変な顔~

ええ~っと、今日はモモの変な顔シリーズです!
変な顔を撮ろうとかまえると、結構撮れるもので・・・(暇人??)

「うふ~ん」


かわうそみたいでかわいい~♪

「どど~ん」
hennnakao3.jpg

哀愁が漂ってますね~♪

「べろべろりん~」
hennnakao2.jpg

・・・うわっ!ひどい顔・・・!
ちなみにこの写真・・・母は「気持ち悪いから嫌だわ~」っと言っていましたが、
結構私のお気に入りですよ♪

こんな写真のせちゃって、ごめんよモモちゃん・・・!

避妊・去勢手術について

避妊・去勢手術について

こちらに関しても、飼い主様によって考え方の違いがあるのでするべきしないべきというものは置いておきますね。

本に書いてあるのはこんな感じです。(テリアの飼い方・しつけ方参照)

メリット
手術しない場合より長生きすることが多い
老年期の病気が減る(ホルモン系の病気)
性格がおとなしくなる、ストレスやマーキングが減る
妊娠・出産のリスクがなくなる
生理や発情のわずらわしさから解放される

デメリット
子孫を残せない
太りやすくなる→肥満による病気が増える
ホルモンが欠乏して皮膚病になる(割合は低い)

ここで先生から一言
子供の頃ならまだしも性格がおとなしくなる犬は1割か2割。
野生動物だと、例えばライオンのたてがみを切るとすぐに弱気になったりするが、家で飼われている犬に関しては必ずおとなしくなるとは限らない。
太りやすくなる・・・というのも言い方が間違っている。
食欲に関係するホルモンがなくなって限界がわからなくなるので、食べ続けてしまうという意味。
なので、食べる量をちゃんと飼い主が管理していれば太ることはない。

また、手術は早ければ早いほうが、マーキングやマウントなどの行動が減るのは確か。でも年月をかけて染み付いた癖は手術じゃ直せない・・・ということ。

これは先生の体験から来るものかと思いますが、
手術した時に、精神年齢がとまる・・・らしいです。
はちゃはちゃな子が好きならいいけど、早く大人になって落ち着いてほしい・・・と思うなら犬がもう少し成長するまで待ったほうがいいかもね・・・っと。
先生によって考え方や感じ方が違ったりはするので100%正しいわけじゃないかもしれないけど、いろいろな方向からみて、するかしないかは考えて下さいね~。


う~ん、私はまだ悩んでます・・・!
母はやるなら早く手術したほうがいいんじゃない?っと言いますが、
私としては、飼い主が子供ができちゃわないようにちゃんと見ていれば手術は必要ないんじゃないかな~っと思うんです。
自分がモモだったら、現在病気で苦しんでるわけじゃないのにメスを入れられたら嫌だな・・・って思うんですよね。
そりゃ長生きはしてほしいし、病気になってほしくはないけど、モモにはある程度のストレスにだって負けない犬になってほしいし!

でも、確かに生理が来ると犬も人も大変なんだよな~・・・。
それに、モモに発情が来ると、近所のチワワが夜鳴きするって言ってたし・・・

「モモ・・・どうする~?」
esa.jpg

オスとメスの違いについて

今日はオスとメスの違いについて

私もモモを飼うことになった時、ペットショップで少しオスとメスの違いについて聞いたことがあります。
メスはおとなしいけど、生理がくるので大変。
オスはやんちゃだけど、あまり世話がかからない・・・などなど

今日はちょっと細かくまとめてみます。
時々先生が言っていることですが、体験から来るものだったり人によって考え方が違う場合もありますので、そのへんは適当にお願いします。

メスよりオスの方が性格が素直で、基本的に訓練が入れやすいそうです。
メスはすぐにいじけるし反抗するし難しいらしい・・・。

意外だったのは、オス同士のけんかはさっぱりしていて上下関係が決まればすぐに終わる。でもメス同士のけんかは、他っておくと死にそうになるまで終わらないとか・・・。(これは人間でも同じ・・・?)ドキ!

後は、飼い主と犬は異性の方が深い絆になる場合が多いみたいです。
・・・確かにモモは男性のほうが好きです!

また、避妊手術より去勢手術の方が値段が安いとか、
オスの方が毛皮が立派になるんだって!(ライオンのたてがみと同じ原理)マウントはオスしかやらないと思ってる飼い主さんもいるけどメスもやるよ~とか、お部屋でマーキングが嫌ならメスだね、とか。

他にもいろいろあるんでしょうが、適当に書き上げてみました。
なるほど~!

「女同士の方が生理の痛みとか理解し合えるもんね!」


モモ「男なんて甘いもんよね~」

学校の犬達

学校の犬達は、犬舎と呼ばれる場所にいます。
30匹くらいの犬達がそれぞれのクレートの中で暮らしています。

初めてその場所に行った時、正直ショックを受けました。
まず何より私が通るとものすごい勢いでたくさんの犬達に吠えられました。
犬のことをあまり理解していない私は、まるで「早くここから出してよ!」っと訴えているように思いました。
こんな狭いクレートに閉じ込められてかわいそうだよ~!っと。

・・・がしかし!
それは大きな勘違いでした。

犬達は「何だよ新入り!テリトリーに勝手に入るな!」っと言っていたことに気づきました。
犬ってわかるんですね・・・。匂いなのか視覚なのかはわかりませんが、触ったこともない犬でもすぐに慣れて吠えなくなりました。
その証拠に、新入生が入ったばかりはものすごく吠えます。
・・・ちょっとかわいそうなのは、新入りの犬が来たとき・・・。
みんなに吠えられいじめに合って最初は下痢を起こすわんちゃんも・・・。まぁすぐ慣れるんですけど。

それと、おもしろいのは、誰かが遠吠えすると、みんなつられて遠吠えするんです。これはたま~になんですけど、いつもと吠え方が違うので笑えます。

最初はモモと比べてしまって、自由がなくてかわいそうだな~っと思っていました。
でも、しつけ教室に来ているお客さんに、「ここの学校の犬は元気いっぱいで楽しそう」っと言われました。まぁ、教室に来ている人というのは犬に何か問題がある人が多いので余計なのかもしれませんが、自分でもそう思います。
もちろんストレスで病気になってしまう子もいますが、多くの犬達はそれなりに秩序を保ってなかなか楽しそうに過ごしています。

短い時間でも、愛情をいっぱい注いであげれば、生き生きとしたかわいいわんちゃんになるんんだな~っと思いました。

最初は、学校に行くことでモモに寂しい思いをさせてしまうんじゃないか・・・と不安でしたが、最近では逆に私といる時間がとっても充実してるように見えます。



モモ「あたしはボールさえあれば良いんだけどね~!」

保健所の実情

先日学校で保健所の実情というテーマでレポートを書きました。
こういう話題は非常に苦手なので、先生のコメントを少し書きます。

「お客さんの多くは、保健所に連れていけば安楽死させてもらえると勘違いしている」

今までは、漠然とどうしてそんなことができるんだろう、と思っていましたが、そういうことなんだ・・・と感じました。

もちろん飽きたから・・・とか引越しするから・・・とかいう理由は問題外ですが、本当に末期の症状で、もう治療の手立てもない・・と病院で言われたら、安楽死させてあげたいと考える飼い主もいると思います。
「何件か動物病院を回れば安楽死させてくれるところがきっとあるから根気よく探して」

安楽死に対する問題は批判もあると思いますが、それは置いておいておきます。

保健所では、1匹1匹に十分な睡眠薬を投入する余裕がないんです。
だから、ガスが完全に体に回るまで苦しんで苦しんでのたうちまわって死んでいくんです。

意外とこういう事実を知らない飼い主さんがいる、という事。
「だからあなたたちもたくさんの人にちゃんと教えてあげてね」

こういうブログを読んでくれるような愛犬家の方達にとったら当然の話なんだろうな・・・。

私が今勉強してることが、わんちゃんたちにとって幸せな生活を送る手助けになればいいな・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。