モモとハウルの犬日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂

昨日、約1ヶ月ぶりくらいに、お風呂に入りました。
妊婦でも、入っていけないってことはないのですが、モモは興奮しやすいので、ずっと入れてなかったのです。
もちろん、体を大事にしなきゃいけない時期は、犬独特の獣のにおいをあまり発しないのであまりくさくなかったんですけど。
出産後も、多少出血があるので、感染症を起こさない為に念の為ひかえていましたが、やっと綺麗なモモになりました。

あまりお風呂は好きじゃないモモですが、昨日はなんとなくいつもと違いました。
その違和感は、タオルで体をふきふきするときに母が気づいたのです。
いつもは、かなり興奮しながら、タオルの上からガウガウ噛んで、嫌だ嫌だアピールをするモモが、おとなしい・・・。

なんと、我慢をしている・・・。
うーん、母としての成長振りに驚きました。


どんどん大きくなる子供達。
きっと、おしっこの量も増えて、舐めるのに大変なのでしょう。

sonogo2.jpg


子供たちも、強くなっているからか、おっぱいを激しく吸うようになってきました。
すごくひっぱられてモモは「やれやら」といった感じです。

sonogo3.jpg


お鼻も少しずつ黒くなってきました。
もうすぐ目があくかな~。


sonogo4.jpg

sonogo5.jpg


そうそう、ちなみに全部男の子なんです!
部屋中おしっこまみれになる日も、そう遠くないな~・・・。

成長!

生まれた時は200グラム前後だった子供たち。
10日前後でだいたい倍の大きさになるって書いてあったけど、
予定通り、どんどん大きくなっています。

これはもうちょっと前の写真ですが。



もう、モモも子供達の成長に安心したのか、少し遠くまで散歩も行くようになり、子供たちをハウスに置いて、うろうろするようになりました。
不思議なことに、家の軒下を毎回はいかいしたりして、危険はないかと一応警戒しているようです。
また、子供たちのおっぱいを飲む量も増えてきたせいか、「また飲むの~?もう十分飲んだでしょ~?」みたいな顔をしてだるそうにしています。
そして、たまに、自分だけ布団の中に入ってきて、息抜きもしているようです・・・。

モモが散歩などでハウスにいないときは、子供たちはいつの間にか寄り添ってあたたまっています。
モモがいると、すぐにあったかくなるみたいで、ベッドの上の方によじ登って満足そうに寝ています。

まれに、おっぱいをあまり飲まない子がいるみたいで、そういう時は、人が、よく出るおっぱいを探して、ちゃんと飲むようにしむけることも必要みたいですが、我が家の子達は、皆同じように大きくなって、あまりおっぱいを奪い合うようなことはありません。
それに、モモがちゃんと子供たちを取り替えて、みんなにおっぱいがいきわたるように手配しているようなのです。

モモは一体、どこで子育てを覚えたのでしょうか??
不思議です。
赤ちゃんの頃の記憶があるのかな?っと思ったりもしましたが、
モモを産みの母親に引き合わせた時に、すっかり忘れて「ガウー」ってしていたので、それもないような気がします。
母性本能というものでしょうか。
う~ん。

ちなみに、出産後、あまりの疲労で食事を取らない母親もいるようです。
モモはもともと小食なので、少し心配はしていましたが、ちゃんともりもり食べています。
赤ちゃんの為には、自分がちゃんと栄養を取らなきゃいけないのよ~っと言わんばかりに・・・。


akaao2.jpg

akaao3.jpg

この子、よく他の子達の上に乗っています・・・。
将来たくましくなりそうだ~!

赤ちゃん

モモはせっせと子育てに励んでいます。
なんだか使命感に燃えてるみたいな感じです。
赤ちゃんを産んでから、お母さんの顔・・・というのか、しっかりしていて、強く、それでいて優しい顔になりました。
産んだばかりでお腹がだるだるで、ちょっとかわいそうだけど・・・。




3日目にして、ようやくモモが落ち着いてきました。
赤ちゃんを触っても「ガル」って怒る時が少なくなりました。
昨日までは、トイレ以外は赤ちゃんの側を離れなかったのに、
今日は、少しだけど黄色いボールで遊んだり、部屋を歩き回ったりしています。

でも、やっぱり赤ちゃんが心配みたい。

aka3.jpg


赤ちゃんかわいいな~。
でも、ふにふに動くからあまりうまく写真が撮れないよー。


aka4.jpg


aka2.jpg

ハウスの中では、赤ちゃんがひしめき合っています。
あったかくなると、モモの背中の上で伸びたりしてます。

どんどん大きくなるから、これからが楽しみです♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。